戯れ言デイズ

ポエム、17文字詩、5行詩、写真詩などを 綴って行きたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

このブログについて

常にこの記事はトップにあります。
最新記事はこの一つ下です。
関係ないトラバや意味の無いコメントは
しないで下さい。


*コメントが付けられるのはこの記事だけにしていく予定です*

このブログについて…の続きを読む
スポンサーサイト
未分類 | コメント:4 |

そんな貴女が

insanity-butterflyさんへ(アメブロを退会されたようで連絡はすでにつきません...)

哀しいけれど愛しくて
醜いけれど麗しい
清い魂彷徨し
言葉の羽を僕にくれた
永久に忘れない



03. 鬼にコメントを頂いたので拙いながら返詩です。
こんな作品しか作れない自分がもどかしいけど、
これが今の自分です。

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

惹かれた言葉に... |

愛しきかの人へ その14

君からのコメントに
心乱された
マジで?マジで?って何日悩んだろう
確認したくて電話した
俺だよと認める答えが嬉しくて
別れ話がなかったみたいな
自然な会話が嬉しかった
やっぱり君がマブで好き

テーマ:恋愛詩 - ジャンル:小説・文学

Love Poems... | コメント:0 | トラックバック:0 |

愛しきかの人へ その13

思い出して浸れる言うのは
それだけ素敵な恋愛だったんでしょ?
と言われたらきっと私はこう答える
「今までで一番素敵な恋愛でした。」と

年齢は生きてきた長さでしかなく
肉体は触れ合うための器でしかなく
ただあなたの魂をただあなたの存在を
愛してた

ううん...多分今も愛してる

泣いたって悔やんだって
あなたが戻らないこと判ってるけど
私は泣いたり悔やんだりしながら
今日も生きてます
あなたが好きだと言った音楽を聞きながら...


愛しきかの人へ その13…の続きを読む

テーマ:恋愛詩 - ジャンル:小説・文学

Love Poems... | コメント:0 | トラックバック:0 |

愛しきかの人へ その12

朝通勤電車で
君とそう歳が変わらない男の子に出会ったよ
懐かしい匂いに鼻をくすぐられて
泣きそうになった

君の香り嫌いじゃなかった
むしろ好き...
思い出して泣きそうになるのは
まだ忘れられないから

テーマ:恋愛詩 - ジャンル:小説・文学

Love Poems... | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。