戯れ言デイズ

ポエム、17文字詩、5行詩、写真詩などを 綴って行きたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

50) 遺伝子の悪戯で妖精は生まれる

土曜日に放送された番組をビデオに録画していたので、見ました。
人間とは何だⅣという番組で脳の不思議についての番組だったのですが、すごく興味深かったです。
今日のポエムはその番組の中に出てきたウィリアムズ症候群の人たちのことです。
遺伝ではなくて遺伝子のちょっとした事故で2万人に一人の割合で生まれる症例です。
顔立ちが特徴的で妖精のように見えるので、妖精の子供たちという風に呼ばれたりもします。
彼等の音楽的な才能はまさに天からの贈り物といった感じでした。

ウイリアムスで賞 *遺伝子の森で…私も妖精の正体見たよー。感動。
靴の紐が結べなくてもモーツアルトは弾ける妖精達
(僕姫さん)

**誰もが何かの芽を持っている**

突然マイベスト *突然変異から妖精、突然マイベストからは悪夢?(多可死さん)

**獏がいるから大丈夫**

きまぐれプリン賞 *みえませんかわたしのうえにもひとりいます(春野かおりさん)

**わたしのなかにもいたのだけれど...**

今日の響き *神様の気まぐれで遺伝子が響きあう(ハルカさん)

**響きあって愛が生まれる**


****の中は私からの返歌です。
返歌に触発されて書いています。
全ての返歌に付けれるかどうかは判りませんが、
いい作品を作れるきっかけにしたいです。

2003,11,30,日

スポンサーサイト

テーマ:一行詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 |

49) 惨殺されたバナナ 仲良く腹の中

この日は娘の朝ごはんにバナナを食べさせたんです。
フォークで滅多刺しされたバナナ=惨殺(苦笑)
結局最後には食べたんですけどね(笑)

突然マイベスト *犯人のメバナナ?は闇の中(多可死さん)

**いいえ、あなたのすぐ傍に**

きまぐれプリン賞 *再開を喜ぶ間もなく同化(春野かおりさん)

**また別の形で...**


****の中は私からの返歌です。
お目汚しかもしれませんが(苦笑)

2003,11,28,金

テーマ:一行詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 |

48) 君との繋がり確かめるツール

モノカキさんに30のお題の携帯電話。
電車の中で思いついてメモをしておいた作品です。
17文字の作品を書くためのメモをいつも常備してます。<最近
升目がついてる小さなメモ帳なんです。
かわいいのでお気に入り(笑)

突然マイベスト *喜怒哀楽のバロメーター(多可死さん)

**鳴らない電話に少しヤキモキ**

****の中は私からの返歌です。

2003,11,27,木
48) 君との繋がり確かめるツール…の続きを読む

テーマ:一行詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 |

47) 甘美な調べも今は戯れ言

いろんな言葉を言われたけど全部嘘だったなんて思いたくない。
ほんの少しの真実も戯れ言だったなんて...


今日は裁判所に行ってきました。養育費の調停です。
でも元旦那が出てこなかったので、次回に持ち越し...
早くはっきりさせたいと思ってるのは私だけなのかな?
なんだか空しくなりました...

2003,11,25,火

テーマ:一行詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 |

46) 垂れこめた雲の狭間に宵の明星

火星がまだ見えるけど金星はいつも見えます。
明け方にも見えるけど、宵に見えるほうが好き。
金星は神様に逆らったルシファーなんだって<漫画の受け売り(爆)
だから朝も太陽に逆らうように見えるんだね<明けの明星

突然マイベスト *マースからビーナスへバトンタッチ?(多可死さん)

**争いよりも愛が欲しい**

泣き止みボクロに見えるで賞 *ピカリ。にこり。(僕姫さん)

**君の心の中にいつも居るよ**


いつも素敵な返歌をありがとうございます。<多可死さん、僕姫さん

****の中は私からの返歌です。

2003,11,23,日

テーマ:一行詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 |

45) 黄昏と夕闇が切なくrendezvous

17文字の作品というのはなかなか難しいです。
文字数に限りがある中でいかにまとめるかが課題という感じです。
カタカナにしても良かったんだけど<rendezvous
粋にまとめたくて横文字を使ってみました。

突然マイベスト *連れ立って闇に消える(多可死さん)

**二人の行方は誰もしらない**


映像が思い浮かぶような返歌ありがとうございます。
****は私からの返歌です。

2003,11,22,土

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 |

44) 夕闇を纏って君がやって来る

なんだか昔流行った歌にこんなフレーズがあったような気がします。(苦笑)
ここでやって来る君はやはり色っぽい女性かな...
粋な男性でもいいけど(爆)

今日の響き *影がぐんと伸びて私に貴方が映ってる(ハルカさん)

**あなたの影とわたしが混じりあう**

****の中は返歌です。
ベストに選んでくださった方への感謝の印です。

2003,11,21,金

テーマ:一行詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 |

43) 大粒の涙 空から舞い降りた

大雨が降っていたのでこんな作品。
空が泣いてるからなんて表現したりしますよね<雨。
雨降りはそんなに好きじゃないけど、空を見上げるのは好き。

今日の響き *だから私は一緒に泣けた(ハルカさん)

**大きくないけど僕の背中を貸してあげる**

****の中は返歌です。
ベストに選んでくださった方への感謝の印です。

2003,11,20,木

43) 大粒の涙 空から舞い降りた…の続きを読む

テーマ:一行詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 | トラックバック:0 |

42) 真昼の月 薄切りの大根

よく晴れた日の真昼の月は透き通っていて薄切りの大根のイメージです。
単なる食いしん坊かといえばそれまでなのかもしれませんけど(爆)
今日の月は半月だった。

突然マイベスト *晩酌には大根の煮つけとコップ酒(多可死さん)

**ひとりで月見酒と洒落こもうか**

きまぐれプリン賞 *やがてサーモンピンクの夕焼けにまぎれ(春野かおりさん)

**紛れた月はやがて君の心を照らす**

2003,11,17,月
42) 真昼の月 薄切りの大根…の続きを読む

テーマ:一行詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 | トラックバック:0 |

41) 無粋な姐さん バスの中で麦酒

バスで出かけた帰り、すぐ後ろの座席から缶を開ける音...
なんだろうなぁと思ってたけど、降りるときにビールの缶を開けた音だと判明(苦笑)
飲み物を飲むなとは言わないけど、バスの中で麦酒はちょっとねぇ...

電車の中で化粧するのが恥ずかしくない女子大生が増えてるというのをニュースで見ましたが、
これも同様なのかなぁ...
私もバスの中でジュースとか飲むときは有りますけど、
さすがに飲酒はしたことがないです。
というか気持ちよく酔っ払えないような気がします。(爆)
といっても私はほぼ下戸に近いので、飲み会に行ったとき位しか飲みません。
でも今年は飲み会の予定がない(涙)

2003,11,14,金

テーマ:一行詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 | トラックバック:0 |

40) 小さい温もりを抱きしめて歌いながら

最近の私の日課です。
保育園に送っていく時は散歩気分で歩いてます。
通勤や通学途中の人に白い目で見られることも有るけど気にしない
気にしない(笑)

2003,11,13,木

テーマ:一行詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 | トラックバック:0 |

39) 目を瞑り柔肌を思う 少女が恋しい

何かいやらしい気がしますけど(苦笑)
黄昏時にノスタルジーに浸ってる優男でも思い浮かべていただければ良いかと(笑)

リンゴを齧っちまったアダムで賞
乱れし前髪の 嗚呼その恋、初恋でないね(僕姫さん)

**少女と混じりあいたかっただけなのさ**

****の中身は返歌への返歌です(微妙...)

僕姫さんのくれる賞は賞の名前がいかしてるのでどんな賞を頂けるか楽しみという部分があります。

2003,11,12,水

テーマ:一行詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 | トラックバック:0 |

38) 涙と胡椒で素敵なデザートの出来上がり

どんな味かは想像できないけど、
少しだけしょっぱくて苦味が有る感じかな(笑)


2003,11,10,月

テーマ:一行詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 | トラックバック:0 |

37) 2回目の冬が来る。君のことを綴ってから

このサイトではないけど、友人のサイトで
I君のことを書かせてもらってから2年が過ぎようとしてる。
I君が死んだのは私が20になったばかりの冬だった。
恨み言ばかりぶつけて、泣いて泣いて毎日をなんとなく過ごしてた。

2年前、誰かにI君が死んでしまったときに私が体験したことを話したことで
自分の中でI君の存在はもっと大きくなってしまった。
忘れたい気持ちと忘れたくない気持ちと混濁してる...
自分のサイトでI君のことを綴ったのもやはり同時期。
今では見られないようになってしまってるけど、11番目の作品がそうです。
近いうちにまたHP上で公開しようと思います。

もうすぐ命日が来る


2003,11,07,火

PoemBar | コメント:0 | トラックバック:0 |

36) realで愛されたいnetjunkie 何処

この作品はニュースを見てて思いついた。
自分の世界に陶酔しすぎて邪魔なものを排除しようとした少女は結局は誰かに
愛して欲しかっただけなんじゃないかなって...
リストカットしてまで自己陶酔してたのは、自分を見つめてて欲しかったから?
声に出さなくちゃ伝わらないことだってあるんだよ...


彼女のサイトは閉鎖されてるようなのであえて触れませんけど...
殺された人の冥福を祈ります。
そして彼女が本当の愛を見つけられる日が来ることを願います。
愛のために殺人をしてしまった少年にはどんな罪が下るのでしょう...

2003,11,06,木

PoemBar | コメント:0 | トラックバック:0 |

35) 君のこと思い出して冬が過ぎていく

何度も何度もやっぱり思い出してしまいます。
何でだろうなと心の片隅で考えています。
きっと今I君がそばに居てくれたらまた別に人生があったのかな?なんて考えてます。
無い物ねだりなだけなのにね...

2003,11,03,月

PoemBar | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。