戯れ言デイズ

ポエム、17文字詩、5行詩、写真詩などを 綴って行きたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

46) 垂れこめた雲の狭間に宵の明星

火星がまだ見えるけど金星はいつも見えます。
明け方にも見えるけど、宵に見えるほうが好き。
金星は神様に逆らったルシファーなんだって<漫画の受け売り(爆)
だから朝も太陽に逆らうように見えるんだね<明けの明星

突然マイベスト *マースからビーナスへバトンタッチ?(多可死さん)

**争いよりも愛が欲しい**

泣き止みボクロに見えるで賞 *ピカリ。にこり。(僕姫さん)

**君の心の中にいつも居るよ**


いつも素敵な返歌をありがとうございます。<多可死さん、僕姫さん

****の中は私からの返歌です。

2003,11,23,日

スポンサーサイト

テーマ:一行詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。