戯れ言デイズ

ポエム、17文字詩、5行詩、写真詩などを 綴って行きたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

50) 遺伝子の悪戯で妖精は生まれる

土曜日に放送された番組をビデオに録画していたので、見ました。
人間とは何だⅣという番組で脳の不思議についての番組だったのですが、すごく興味深かったです。
今日のポエムはその番組の中に出てきたウィリアムズ症候群の人たちのことです。
遺伝ではなくて遺伝子のちょっとした事故で2万人に一人の割合で生まれる症例です。
顔立ちが特徴的で妖精のように見えるので、妖精の子供たちという風に呼ばれたりもします。
彼等の音楽的な才能はまさに天からの贈り物といった感じでした。

ウイリアムスで賞 *遺伝子の森で…私も妖精の正体見たよー。感動。
靴の紐が結べなくてもモーツアルトは弾ける妖精達
(僕姫さん)

**誰もが何かの芽を持っている**

突然マイベスト *突然変異から妖精、突然マイベストからは悪夢?(多可死さん)

**獏がいるから大丈夫**

きまぐれプリン賞 *みえませんかわたしのうえにもひとりいます(春野かおりさん)

**わたしのなかにもいたのだけれど...**

今日の響き *神様の気まぐれで遺伝子が響きあう(ハルカさん)

**響きあって愛が生まれる**


****の中は私からの返歌です。
返歌に触発されて書いています。
全ての返歌に付けれるかどうかは判りませんが、
いい作品を作れるきっかけにしたいです。

2003,11,30,日

スポンサーサイト

テーマ:一行詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。