戯れ言デイズ

ポエム、17文字詩、5行詩、写真詩などを 綴って行きたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

33) 火星と月の蜜月は もうすぐ終焉...

月と並ぶように見えていた火星が、見えなくなりました。
毎晩眺めていたので少し残念です。
次に火星が地球に最接近するときには、私は当然生きてないですし...
でもどこか別の場所で、今とは違う自分で眺めてるかもしれません。

火星が見える年は戦争や政治不安が多いといいます。
たまたま偶然なのか、火星という星が宿命付けてるのかは定かではないけど。

2003,10,30,木
スポンサーサイト

PoemBar | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<34) 柘榴が四粒 地上に冬が四月 昔語り | HOME | 32) そこ儚き事 綴りて 黄昏時 >>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。