戯れ言デイズ

ポエム、17文字詩、5行詩、写真詩などを 綴って行きたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

34) 柘榴が四粒 地上に冬が四月 昔語り

ギリシャ神話を題材にしてみました。
大地の女神の娘が冥府にさらわれて、そこで柘榴を4粒食べてしまったために
冥府に4月住まなくてはいけなくなり、その結果大地の女神が嘆き悲しんで
地上に冬が生まれた...

きまぐれプリン賞 *このときを過ぎればまた巡りあうから(春野かおりさん)

**巡り会ったら私だと気がついて...**

どの季節が一番好きかと聞かれたら、やはり秋なんですけどその次に好きなのは冬。
この神話も好きですが、空気の静寂感と朝もやがなんともいえず好き。

2003,10,31,金
スポンサーサイト

PoemBar | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<35) 君のこと思い出して冬が過ぎていく | HOME | 33) 火星と月の蜜月は もうすぐ終焉...>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。