戯れ言デイズ

ポエム、17文字詩、5行詩、写真詩などを 綴って行きたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

43) 大粒の涙 空から舞い降りた

大雨が降っていたのでこんな作品。
空が泣いてるからなんて表現したりしますよね<雨。
雨降りはそんなに好きじゃないけど、空を見上げるのは好き。

今日の響き *だから私は一緒に泣けた(ハルカさん)

**大きくないけど僕の背中を貸してあげる**

****の中は返歌です。
ベストに選んでくださった方への感謝の印です。

2003,11,20,木

最近、本を色々と読んでいます。
「童謡の謎」と言う本を図書館から借りてきて読んでる最中ですが、
色々と知らなかったことばかりでびっくりです。
悲しい物語が有ったりとか、実はものすごく艶っぽい歌だとか...
童謡をこれほど考えながら歌うことって今まで無かったけど
これからは色々考えながら歌ってあげようと思います。
スポンサーサイト

テーマ:一行詩 - ジャンル:小説・文学

PoemBar | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<44) 夕闇を纏って君がやって来る | HOME | 42) 真昼の月 薄切りの大根>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。