戯れ言デイズ

ポエム、17文字詩、5行詩、写真詩などを 綴って行きたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

愛しきかの人へ  その11

貴方の腕のなかで寝乱れて
貴方が私だけのものだったらと
切に願ったけど
その願いが叶うことはなかった
でも貴方の囁き
貴方の温もり
貴方の香り
貴方の味
私の肌が覚えてる

一度だけ会い、ただ一度だけ枕を共にしました。
寝乱れてただそれだけを願った...
叶うことはこれから先もないと判ってる。
でも願わずにはいられなかった。好きだったから...
スポンサーサイト

テーマ:恋愛詩 - ジャンル:小説・文学

Love Poems... | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<愛しきかの人へ その12 | HOME | 愛しきかの人へ その10>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。