戯れ言デイズ

ポエム、17文字詩、5行詩、写真詩などを 綴って行きたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

愛しきかの人へ その12

朝通勤電車で
君とそう歳が変わらない男の子に出会ったよ
懐かしい匂いに鼻をくすぐられて
泣きそうになった

君の香り嫌いじゃなかった
むしろ好き...
思い出して泣きそうになるのは
まだ忘れられないから
スポンサーサイト

テーマ:恋愛詩 - ジャンル:小説・文学

Love Poems... | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<愛しきかの人へ その13 | HOME | 愛しきかの人へ  その11>>

この記事のコメント

元気だしてくださいねw
あなたが未だに元気ないと、心配になる人も居るでしょうから・・・色々あってもいいじゃないですかw 泣きたければ泣いてもいいじゃないですかw
ずっとこらえて、ずっと吹っ切れなければ、あなたの心まで霞んでしまいますよ?

あなたのことを想っても
やはり、出来ないこともある
断ることは出来れども
やはり辛くなってしまう

あなたのことを想っても
あなたの心が霞んでは
俺は何かと心配で
落ち着いていることが出来なくなる

断ったことは悔やまないが
その後を想うと悔やんでしまう
あなたの心を霞ませようと
してきた訳ではないからね

・・・詩と言うか、ただの俺の気持ちです
どうかお元気で・・・アディオス
dear ぷれま  by H,S
2006-07-09 Sun 23:57 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
あ~なんだろすげぇ恥ずかしさで一杯。
君の口調とか思い出してモニター見て泣きじゃくってた。
ご丁寧にイニシャルまで入ってたら、君だって嫌でも判るじゃないか(苦笑)
って内緒で書いてたの読まれたみたいで、気恥ずかしさで一杯だよ。
とりあえずは元気です。
あの後、ふとしたことで自分を傷つけたのは内緒ですがw
とにかく元気です。
だから今度君にまた会えたら、その時は君の胸で泣きじゃくらせてください。
2006-07-10 Mon 14:29 | URL | ぷれま@管理人 #HdxVq3YQ[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。