戯れ言デイズ

ポエム、17文字詩、5行詩、写真詩などを 綴って行きたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

愛しきかの人へ その13

思い出して浸れる言うのは
それだけ素敵な恋愛だったんでしょ?
と言われたらきっと私はこう答える
「今までで一番素敵な恋愛でした。」と

年齢は生きてきた長さでしかなく
肉体は触れ合うための器でしかなく
ただあなたの魂をただあなたの存在を
愛してた

ううん...多分今も愛してる

泣いたって悔やんだって
あなたが戻らないこと判ってるけど
私は泣いたり悔やんだりしながら
今日も生きてます
あなたが好きだと言った音楽を聞きながら...


読んでもらえるかわからない近況報告w
暫く放置してて大切なコメントが残ってたのに気が付かなかった。
通りすがりのものですがなんていうtitleであ~またスパムの類かな
なんて思ったけど、読んでみて嬉しいのと悲しいのといろんな思いがごちゃ混ぜ...きっと君は言うね「そんな年齢なのにみっともないぞ!」って
ご丁寧にイニシャルサインしてあって、私をこんなに泣かせといて
今度会ったら承知しないぞとモニターに向ってつぶやいてた。
そんな日は二度と来ないと判ってるけどね...
君みたいな素敵な奴に会えただけ今生は幸せでした。
君が教えてくれた音楽に勇気を貰ったので、夏にGIGに初参戦します。
今からドキドキしてます。
スポンサーサイト

テーマ:恋愛詩 - ジャンル:小説・文学

Love Poems... | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<愛しきかの人へ その14 | HOME | 愛しきかの人へ その12>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。