戯れ言デイズ

ポエム、17文字詩、5行詩、写真詩などを 綴って行きたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

23) 融けた少女は 酔った男が飲み干した

なんか最近シリーズ化してる気がします。<少女。
砂糖菓子なら融けてしまうのではという単純な発想。
でも飲み干すのは、酔った男でないとダメ。
なんとなく少女が融け込んでるのはお酒のような気がするから(笑)

突然マイベスト *酔いどれ船の詩人は融けた少女に悪酔い(多可死さん)

**悪酔いで紡ぐのはナイトメア**

きまぐれプリン賞 *そしていまもそこにいます 熱いまま膝をかかえて(春野かおりさん)

**何時までもここに居たい**

2003,10,20,月
多可死さん、春野かおりさんありがとうございます。
お二人の返歌はイラストに出来そうな感じです。
いつも楽しみに読んでいます。
ありがとうございました。

MCに投稿しました。
お題は秋
温もりを求めて 夢の中 いつまでもうたた寝


最近気が付いたこと
ポエムバーに掲載された日付と、日記の日付が1日ずれてること。
掲載された日付に変更しようかとも思ったけど、
とりあえずその作品を作った日付のまま書いていくことにしました。
スポンサーサイト
PoemBar | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<24) 雨の中 歌謡いが奏でるのは 鎮魂歌 | HOME | 22) 空と海が溶けあう漆黒の闇 満月が1人 >>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。